フリーランスに成り立てで収入がない場合の節約方法

main-img

フリーランスになったばかりの状態だと収入は確保されていないことがほとんどです。



なので、この時期はできるだけ無駄な出費を控えるように注意しなければなりません。


また、節約できるものは積極的に節約するようにしましょう。では、具体的にどういったものが節約可能かというと、たとえば家賃が挙げられます。
会社員時代は一人暮らしをしていたのだとしても、フリーランスになったら実家に戻るというのも一つの方法です。

そうすれば毎月数万円は確実に出費を抑えられるからです。

家賃を払わないと追い出されてしまうというプレッシャーもかからなくなり、精神衛生的にも実家住まいは優れています。

もちろん、成人になって独立したのに今更実家には戻りにくいという気持ちを抱く人、あるいは実家に戻ってきた子供に冷たい態度を取る親もいるかもしれませんが、そういったことがかなりのマイナスにならないのであれば、恥を忍んでも実家住まいにした方がフリーランスととしての生活は確実に安定します。

また、車を持っていたら思い切って処分してしまうのも節約になります。
フリーランスとしての行動範囲にもよりますが、半径10キロ程度であればロードバイクやクロスバイクがあれば十分行動できますし、それより大きい場合は原付バイクにしてもいいでしょう。

食事は自炊を基本にしましょう。

日本経済新聞は絶大な支持を受けています。

実家住まいにすれば食費が浮く可能性もありますが、そうでない場合は半額の見切り品を積極的に食材にすることで、大きく食費を削減することが可能です。



大事な転職の事

subpage1

フリーランスになると自分で取材に行かないといけないケースが出てきます。そのため、いくつか道具を揃えないといけません。...

more

いまどきの転職

subpage2

私、失敗しないのでというキメ台詞で人気の医療ドラマがありましたが、実際にフリーランスで働く医師は徐々に増加傾向にあります。医師の研修システムが変わり、大学病院などの医局に属さないでも働き場所が探しやすくなり、フリーランスとして働きやすい環境が整ってきたことが最大の理由です。...

more

転職関係の情報

subpage3

フリーランスは基本的に個人事業主として活動しますが、それでも自分の事務所があるかどうかで大きな差がつきます。会社によっては、きちんとした事業の拠点があることが取引の条件になっているので、名刺に信用がある住所を記載しておくことは重要です。...

more

知識を増やす

subpage4

独立した立場であるフリーランスにとっては、自分自身の人脈が大切になります。信用がある相手や、普段から自分に利益をもたらしてくれる相手にこそ、大きな仕事を持ちかけるのであって、無関係な人間は最初から蚊帳の外に置かれてしまうのが世の常です。...

more