自分の事務所があるとフリーランスとしての幅が広がる

フリーランスは基本的に個人事業主として活動しますが、それでも自分の事務所があるかどうかで大きな差がつきます。


会社によっては、きちんとした事業の拠点があることが取引の条件になっているので、名刺に信用がある住所を記載しておくことは重要です。大きな仕事であるほど信用がある相手に任せるのが普通だから、フリーランスとして独立する場合は、自宅ではなくどこかのレンタルオフィスを借りるのが一般的となっています。



ホームページによって宣伝広告をする場合であっても、連絡先として自宅の住所と電話番号を公開すると、不特定多数の人間に自分のプライベートを知られてしまうので要注意です。主に自宅で仕事を行っている方であっても、月額料金が安価であるバーチャルオフィスで事業用の住所と電話番号を借りる手段があります。

Girls Channelを是非ご利用ください。

レンタルオフィスでは、他のフリーランスとデスクを共用するプランや、人数に応じた個室を借りるプランがあるので、起業をする前にじっくり検討してみましょう。

商品や荷物を一時的に保管する事業であれば、事務所付きの小さな倉庫を賃貸で借りることも有効です。


月度によって収入が上下するフリーランスにおいては、なるべく低コストで事務所を用意することで、有利にビジネスを進める必要があります。

官公庁への許認可手続きや法人口座の開設が必要な業種では、実態がある事務所でないと受け付けてもらえない場合もあるので、よく調べた上で用意しましょう。