フリーランスの医師という働き方

私、失敗しないのでというキメ台詞で人気の医療ドラマがありましたが、実際にフリーランスで働く医師は徐々に増加傾向にあります。



医師の研修システムが変わり、大学病院などの医局に属さないでも働き場所が探しやすくなり、フリーランスとして働きやすい環境が整ってきたことが最大の理由です。特に麻酔科や産婦人科ではフリーランスとして働きやすい環境があり、その割合は増加傾向にあります。

フリーランスで働くメリットは何といっても病院経営、委員会やその他の医療以外の雑務が大幅に削減できることでしょう。
患者の診療に集中して仕事ができます。

朝日新聞デジタルのお得情報を用意いたしました。

さらに、病院の煩わしい人間関係から解放され、収入目標を設定してそれ以上になればもう働かなくてもよいわけで、収入のコントロールもしやすくなります。やりたくない仕事はほとんどしなくてよいですし、開業する時のような多額の初期費用もいりません。

一方、デメリットとしては税金、健康保険などに関してすべて自己責任になります。

そして、何より勤務医のような安定性がなくなります。



さらに、自分の健康上の問題などが発生することも考えられ、こうなると何の保証もない分、家族が大変苦労する可能性もないわけではありません。

これらのメリットとデメリットの部分がありますが、働く一人ひとりの価値観により働き方は昔と比べればいろいろ選べる時代になりました。特に年を重ねてゆっくりと、自分のペースで仕事をしたいという人にはフリーランスの医師という働き方がしやすくなったことは歓迎できることと考えられます。